ニュース

一覧を見る

IUIピックアップ

Inui

IUIピックアップ VOL.12

建築家と共につくるまちづくりの形

インタビュー

乾 久美子[建築家/Y-GSA教授]

2020年の建築学会賞(作品)に本学府・研究院Y-GSAの乾久美子教授が全体のデザイン監修と複合施設などの設計を手がけた〈延岡駅周辺整備プロジェクト〉が選ばれた。2011年に開催された延岡市による監修者選定プロポーザルからおよそ9年。行政や関係事業者、そして延岡市民とのあいだでプロジェクトはどのようにして進められてきたのか。その過程で乾先生が見出した面白さや工夫、そしてまちづくりに建築家として果たしていくべき役割についてお話を聞くことができた。
Sato

IUIピックアップ VOL.11

身近な自然を再び暮らしとつなげる

インタビュー

佐藤 峰[国際開発学、社会人類学、コミュニティデザイン(ラテンアメリカ・日本)/都市地域社会コース准教授]

佐藤峰先生は日本やニカラグアをフィールドに「定常のコミュニティデザイン」について研究・実践されています。途上国でもまた日本の地方でも開発が当たり前でなくなった時代に、これからの社会はどのようになっていくのか。いま自然との関わりはどうあるべきなのか。里山をキーワードにお話を伺いました。
Fujioka

IUIピックアップ VOL.10

防火帯建築から見る、都市居住空間のこれから

インタビュー

藤岡 泰寛[建築計画、ハウジング、都市住宅、住生活、福祉のまちづくりの研究/建築都市文化コース准教授]

2020年に刊行された藤岡泰寛先生による編著『横浜防火帯建築を読み解く:現代に語りかける未完の都市建築』(花伝社、2020年)が、「2020年度都市住宅学会賞」の著作賞を受賞しました。今回は著書にも取り上げられている防火帯建築から「ミクストユース」、「アーバンユニット」といった概念をキーワードに、いまもなお横浜のまちに存在する防火帯建築とまちに住む人々の活用の動き、さらには防火帯建築が都市にもたらす可能性や今後の研究に向けたビジョンについてお話を伺いました。
一覧を見る

学位論文・ポートフォリオ題目一覧

2022 令和4年

一覧を見る

関連出版物

一覧を見る