2014年12月5日

カテゴリー:イベント情報


公開講座「横浜建築都市学」(12/13)のご案内

都市のアーキテクチャー――ポストキャピタリズムにおける都市と建築のリサイクル――

この度、都市イノベーション学府では、大野秀敏氏、吉見俊哉氏を講師に、藤村龍至氏をモデレーターとしてお招きして「都市のアーキテクチャー ――ポストキャピタリズムにおける都市と建築のリサイクル――」と題する公開講座を行います。
多くの市民の皆様、他大学の学生の皆様のご参加をお待ちしております。お誘い合わせの上是非ご来場ください。
※本公開講座は「横浜建築都市学」の授業の一部です。

 

日時: 2014年12月13日(土) 14:00-16:30(13:30開場)
会場: ヨコハマ創造都市センター(YCC)3F / みなとみらい線「馬車道駅」1b出口すぐ横浜市中区本町6-50-1
講師: 大野秀敏 (建築家、東京大学大学院新領域創成科教授)
     吉見俊哉 (社会学者、東京大学大学院情報学環教授)
     北山  恒 (建築家、横浜国立大学大学院都市イノベーション学府・建築都市デザインコースY-GSA教授)
モデレーター: 藤村龍至 (建築家、東洋大学理工学部建築学科専任講師)

資本主義が変容している時代において、私たちは都市をどのように更新し、新しい社会システムをデザインしていくのか。本シンポジウムでは、都市の記憶、文化、コミュニティ、生活をテーマに、これからの時代における「都市と建築のリサイクル」を考え、建築家はそこで何をすべきなのか、議論します。
 

※※※ 入場無料、先着順150名(予約制ではありません) ※※※

主催: 横浜国立大学大学院都市イノベーション学府 YCCスクール
問合せ先: Y-GSAオフィス 045-339-4071
                  ygsa(a)ynu.ac.jp ※(a)をアットマークに変えて送信ください。
                  http://www.y-gsa.jp