ブックタイトル活動報告書

ページ
64/148

このページは 活動報告書 の電子ブックに掲載されている64ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

活動報告書

ブックを読む

Flash版でブックを開く

このブックはこの環境からは閲覧できません。

概要

活動報告書

62 シンポジウム東アジア文化都市と都市再生(横浜市立大学)主催   横浜市立大学後援   横浜市文化観光局協力   [シンポジウム]     ヨコハマ創造都市センター     YCC スクール[パネル展] BankART1929[ シンポジウム]パネリスト泉州(中国) 王少毅( 泉州市城郷規画局、副調研員)黄貝爾(泉州城市規画設計研究院・エンジニアリング)光州(韓国)  張相根(光州デザインセンター院長)李載吉(彫刻家)姜權(光州広域市都市デザイン局都市デザイン課勤務)横浜(日本)  綱河功(横浜市都市整備局都市デザイン室長)  国吉直行( 横浜市立大学国際総合科学部特別契約教授)モデレーター 鈴木 伸治( 横浜市立大学国際総合科学部教授)2013年9月に開催された日中韓文化担当閣僚会議から1年。横浜で開催された「東アジア文化都市」関連イベントでは、泉州(中国)、光州(韓国)と横浜の文化交流・アーティストインレジデンスなど、様々な活動が三都市間をめぐりました。本シンポジウム・展示会では、各都市の建築・都市・芸術・文化などの様々な専門家・実務者間の交流から、各都市の理解を深め、これからのアジアの可能性を探りつつ、横浜の新たな喚起を促しました。[ シンポジウム]日程 2014年11月15日(土) 16:00-19:00会場 3階スペース