ブックタイトル活動報告書

ページ
49/148

このページは 活動報告書 の電子ブックに掲載されている49ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

活動報告書

ブックを読む

Flash版でブックを開く

このブックはこの環境からは閲覧できません。

概要

活動報告書

ワークショップ47【7月6日開催 関内まちあるきレポート】横浜市立大学まちづくりコース2 年45 名の授業で行われるまちあるきとアクターの合同のまちあるき。大学生と話しながらまちを練り歩き、大学教員から関内の街の歴史や開発の背景を学ぶ。普段は友達や家族と歩く街も、説明を聞くと街の見え方が少し、違うように感じる。開港から150 年を経た横浜の中心地の関内、夏の日差しのなか、歴史をもとめて歩いた。・アクター参加者難しいことば(法律や建築用語)や、初めて聞くことばが多くて、まちづくりには色々な決まりがあることを知った。決まりやルールをみんなで守ってがんばると、気持ちいい街ができるんだと、思った。今日は友だちや家族と歩く街と違う感じがした。今日教えてもらった言葉は難しいけれども、今日歩いたまちが実際にどうして今の形なのか、考えたのも初めてだった。