ブックタイトル活動報告書

ページ
46/148

このページは 活動報告書 の電子ブックに掲載されている46ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

活動報告書

ブックを読む

Flash版でブックを開く

このブックはこの環境からは閲覧できません。

概要

活動報告書

44 シンポジウム平成25年度創造都市ネットワーク会議 東アジア文化都市交流シンポジウム文化芸術と都市の再生(横浜市立大学)主催  横浜市立大学    文化庁、創造都市ネットワーク日本共催  横浜市文化観光局    ヨコハマ創造都市センター    (公益財団法人横浜市芸術文化振興財団)    YCC スクールパネリスト泉州(中国)王 敏(泉州市城市規画設計研究院 副院長/総計画師)張 ?楠( 世紀(香港)旅遊文化投資有限会社)光州(韓国) 趙 容準(朝鮮大學校名譽敎授)南 勝震( 東亞人材大學校敎授)姜 權(光州光域市都市デザイン局都市デザイン課)横浜(日本)  松村 岳利( 横浜市文化観光局横浜魅力づくり室長)国吉 直行( 横浜市立大学国際総合科学部特別契約教授)モデレーター 鈴木 伸治( 横浜市立大学国際総合科学部教授)東アジア文化都市に選定された泉州(中国)、光州(韓国)、横浜では文化芸術を都市の再生へ結びつける取り組みが行われている。都市づくりの知識と経験を共有することは、日中韓の相互理解を深める大きな一歩であり、「東アジア文化都市」をきっかけに都市間交流の可能性を対話する。本シンポジウムでは、地産地消をテーマに活動するフードコーディネーターユニットFood Landscape が創造都市ネットワークに加盟する各地の食材を用いた健康的なスイーツを提供した。京都の寒天、青森八戸のごぼう茶のブラウニー、仙台の柚子ジャムなど、各地ならではの食材と味を、横浜のアーティストによって新しい形「食の創造」を試みた。※ Food Landscape本シンポジウム担当:臼井彩子横浜市立大学大学院都市社会文化研究科2010年3 月卒業日程 2014年2月26日(水)会場 3階スペース※東アジア文化都市2014横浜パートナー事業