ブックタイトル活動報告書

ページ
37/148

このページは 活動報告書 の電子ブックに掲載されている37ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

活動報告書

ブックを読む

Flash版でブックを開く

このブックはこの環境からは閲覧できません。

概要

活動報告書

レクチャー35「創造都市」を中心とした都市政策の推進はグローバルな域で進展しており、特にユネスコの創造都市ネットワーク( 2004) や、創造都市ネットワークジャパン(CCNJ、2013) など、ネットワークとしての広がりも見せている。また各都市の創造都市政策の背景・目的・内容は多岐であり、創造都市を独自で解釈した上で創造都市政策が展開されている。本講義は横浜国立大学・横浜市立大学が2012年度に共同で調査した創造都市調査(「ヨコハマ創造都市スクール事業業務委託報告書」)を基に、国内外の創造都市政策の現状と到達点について議論する。また、東アジア文化都市での活動とも連携し、活動の展開とネットワーク化も図る。講師 野原 卓(横浜国立大学大学院都市イノベーション学府准教授)鈴木 伸治(横浜市立大学国際総合科学部教授)楊 惠亘(横浜市立大学グローバル都市協力研究センター特任助教)上野 正也(横浜市立大学都市都市社会文化課程)プログラム■11月15日(金)国内外の創造都市政策最前線・横浜■12月6日(金)国内の創造都市ベストプラクティス(1)札幌・十和田・弘前■1月10日(金)国内の創造都市ベストプラクティス(2)神戸・大阪・創造都市農村■2月21日(金)アジアの創造都市最前線日程 2013年11月~2014年2月 全4回会場 地下1階スペース創造都市政策最前線(横浜市立大学/横浜国立大学)