ブックタイトル活動報告書

ページ
115/148

このページは 活動報告書 の電子ブックに掲載されている115ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

活動報告書

ブックを読む

Flash版でブックを開く

このブックはこの環境からは閲覧できません。

概要

活動報告書

113せとうち 湊のやどまず私たちが会社を作って初めてやった事業は、尾道の千光寺へとつづく長い階段の途上にある、尾道で由緒正しい「島居邸(しまずいてい)」という洋館の建物のプロジェクトでして、この建物に以前はおばあさんがお一人で住まわれてました。しかし、階段で100段以上も上がる場所に島居邸はあるので、年を取るとなかなかここに住めないという状況がありました。おばあさんとはちょうどたまたまご縁があって、この建物を僕らが買い取ることができたんです。私たちの後輩である桐谷さんという設計士が島居邸の設計を担当してくれまして、この建物の中に新しい息吹を吹き込むようにリノベーションによって生まれ変わりました。写真や内容等の詳しいことについてはホームページでまた改めて見ていただけたらと思います。1棟貸しもできますし、14名くらいで泊まれます。ただし、山側から下に降りてもらうと尾道の商店街やおいしい店がいろいろありますので、食事は出さず「外で楽しんでください」という趣旨です。他には出張のシェフとかもこの宿に呼んで、食事をしていただくことはできます。 あと、「せとうち 湊のやど」には島居邸のほかにもう一つ「出雲屋敷」という建物があります。これは昔の松江藩の出張所としても使われた、本当に尾道で由緒正しい建物です。ここも以前はおばあさんがお一人で住まわれていました。おばあさんもなかなかこの屋敷を守ることができないというので譲り受け、これも宿として運営をしています。 島居邸と出雲屋敷は地続きで隣りあう形で建てられているんですけれども、出雲屋敷も島居(しまずい)さんというお宅の持ち物でして、二軒のお宅の持ち主がいとこ関係にあるところから譲っていただき、宿をやっています。伝統建築の第一人者で京都にいらっしゃる中村昌生(なかむら・まさお)先生に会いに京都へ行き、「ディスカバーリンクせとうちはこういった昔の建物(出雲屋敷)をリノベーションして大事に保存をしたい」という話をしたところ、共感を頂きました。「こういった建物を僕らの世代がきっちりと残していくということは、本当に大事だ」ということで、90歳近くになられる中村先生がボランティアで建築監修をやっていただきました。ONOMICHI U2(オノミチ ユートゥー)この「ONOMICHI U2」という事業はディスカバーリンクせとうちにとって今、中核の大事な事業でして、広島県の公募で平成26年3月22日にオープンをしました。この建物は県営の上屋倉庫(県営上屋二号)、つまりはかつて荷物の荷さばきをする場所として使われていました。JR尾道駅の東側に位置する千光寺へ向かうエリアは人の流れがあるいっぽう、この上屋倉庫はJR尾道駅の西側に位置し、駅から歩いて200~300メートルの所にあるんですけれども、公共施設として活用されていないというなかで、尾道市や広島県にとっても尾道駅西側のにぎわいを創出してほしいという狙いから、広島県による公募(※尾道糸崎港西御所地区(県営2号上屋及び周辺)活用事業)がありました。先ほど話した「建築」と「サイクリング」と「一般観光」、この三つの切り口でこの活用されてない県営上屋二号の倉庫をどういうふうにしてリノベーションするかということで、私たちディスカバーリンクせとうちのメンバーと協議をおこないました。その中で、県営上屋二号の「上屋(うわや)」のローマ字読みから頭文字「U」を取り、また「二号」から「2」を取り、「ONOMICHI U2」という名前を付けました。県から出された公募条件として倉庫の外側はリノベーションできないことと補修できないことから、その中側のみを変えています。だから建物の中にまた建物があるようなイメージの施設です。「ONOMICHI U2」に設けられている施設を紹介します。まずは「ホテルサイクル(HOTEL CYCLE)」というホテルです。「サイクル」というのは自転車の「サイクル(CYCLE)」という意味もありますし、体の健康、「サイクル」を整えようという意味もあります。飲食関係の施設については、「瀬戸内ダイナー」という瀬戸内の食材を使ったレストランがあります。そのほかには「KOG BAR(コグ・バー)」。これは自転車を「こぐ」という言葉をもじり、ちょっと駄じゃれっぽい名前で「KOG BAR」と名付けました。あと、サイクルスルーの「Yard Cafe(ヤード・カフェ)」です。これは、ドライブスルーと同じような形で、自転車に乗ったまま飲み物や食べ物が買えます。それから、「Butti Bakery(ブッチ・ベーカリー)」っていう名前のパン屋もあります。僕らの地元で「ぶちおいしい」という方言がありまして、そういった方言を使い「ブッチ・ベーカリー」っていう、これも駄じゃれっぽいんですけれどもそういった名前をつけました。 その他、台湾が発祥の、世界最大の自転車メーカー「GIANTSTORE」が入っています。また、瀬戸内ライフスタイルショップ「U2shima SHOP」という店を運営しています。「ONOMICHI U2」にかかわる建築のリノベーションにおいては、広島で今活躍されています谷尻誠さんという方に設計をしていただきました。事業の立ち上げ・運営に対し、「民都」といわれる、民間都市推進開発機構から私たちの会社におよそ6000万の出資を