ブックタイトル活動報告書

ページ
10/148

このページは 活動報告書 の電子ブックに掲載されている10ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

活動報告書

ブックを読む

Flash版でブックを開く

このブックはこの環境からは閲覧できません。

概要

活動報告書

8 レクチャーまちづくりのいろは講座(横浜市立大学エクステンション講座/神奈川特命子ども地域アクター養成アクション)「まちづくり」とは誰がどんなきっかけでどんなことをしているのか、まちづくりとはなにか等、まちづくり基礎を学習し、さらに様々なまちづくり活動が活発な横浜の事例を踏まえてまちづくり活動の真髄にせまる。また最終回ではワークショップ形式で自分たちが暮らすそれぞれの「まち」に照らして課題とその解決について、大学生も交えて考える。※本講座は「神奈川特命子ども地域アクター養成アクション」の一環として、かながわ子どもの地域社会参画推進会議(事務局/NPO法人ミニシティ・プラス)との共催事業である。プログラム■第1 回 5月27日(日)「まちづくりとはなにか~都市づくり・まちづくり・ひとづくり~」講師 三輪律江(横浜市立大学准教授)まちづくりとは、まちづくりの歴史、都市づくりとの関係についての基礎教養とともに、まちづくりにおける多様なテーマとそれに取り組む人たちについて学ぶ。■第2回 6月3日(日)「多様なまちづくりが展開するまち『ヨコハマ』」講師 三輪律江(横浜市立大学准教授)多様なまちづくり活動が活発な横浜の現状から、日本の都市が抱える現代課題を学ぶ。■第3回 6月10日(日)「クリエイティブなまちづくり~横浜都心部活性化への挑戦~」講師 鈴木伸治(横浜市立大学准教授)都市中心部の市街地活性とはなにか、都心再生がなぜ必要なのか、その取り組みに向けた新しい手法について横浜の事例を基に学ぶ。■第4回 6月17日(日)「安全・安心のまちづくり~横浜中間・郊外地域の取り組み~」講師 山路清貴(NPO 法人・横浜プランナーズネットワーク理事長)少子高齢社会はどんな風にまちづくりに影響しているのか、その解決に奔走する横浜中間・郊外地域の事例を基に学ぶ。■第5回 6月24日(日)「自分たちのまちについて考えてみよう(ワークショップ形式)」講師三輪律江(横浜市立大学准教授)高城芳之(NPO 法人・アクションポート横浜事務局長)大学生チーム第1 回~ 4 回の講座を踏まえ、ワークショップ形式にて自分たちが住むそれぞれの「まち」に照らして課題とその解決について考える。大学生がグループファシリテーターを務める。地域に関係するためのマナー講座も学ぶ。日程 2012年5月~6月 全5回会場 地下1階スペース、3階スペース共催 かながわ子どもの地域社会参画推進会議   YCCスクール、横浜市立大学地域貢献センター後援 横浜市政策局