single_2

都市イノベーション研究院・学府は横浜という都市をプラットフォームとする、日本で初めての文理融合型の都市をテーマとする画期的な大学院です。

「都市イノベーション学府・研究院」とは

実践的学術の国際拠点を目指す横浜国立大学では、「都市」をテーマとする新しい大学院「都市イノベーション学府・研究院(IUI/ Institute of Urban Innovation, Yokohama)」を平成23年4月に開設しました。建築、芸術、土木工学、国際社会、等を専門とする大学院生が各々の探求を深めながら、最終的に「都市」という領域で協働する、日本で初めての大学院です。(都市イノベーション学府・研究院のうち、学生の所属する場所を学府、教員が研究する機関を研究院と呼んでいます。)

都市イノベーション学府・研究院を開設したのは、21世紀の人類が取り組まなくてはならない大きな課題として都市があるからです。例えば、都市圏の巨大化による環境やエネルギーの問題の深刻化。世界各国の都市における政治・経済・文化の価値の混迷。高齢化や少子化や過度な情報化に伴う問題。中規模・小規模都市における人口や活動の流出や、これに伴う都市自体の縮減。新興国や開発途上国の急激な経済成長や産業構造変化に伴う、社会基盤や生活基盤の量的・質的な充足の問題。都市にまつわるさまざまな課題を私たちは抱え、またそうした課題に応える都市のイノベーションを要請されています。

このような背景のもと都市イノベーション学府・研究院では、建築学・土木工学という都市のハードに関わる分野と、人文・社会科学、国際社会や文化・芸術などソフトに関わる分野の双方で、実践性を備えた高度専門家の育成を行います。そのために、双方の分野を横断的に学ぶこともできる多面的な研究環境を提供していきます(主に博士課程前期)。そして最終的には、都市のイノベーションというテーマに対して多様なアプローチを実行する能力を持ち、グローバルに通用する次世代リーダーの養成を目指していきます(主に博士課程後期)。

都市イノベーション学府イニシアティブ

都市イノベーション学府では、以下の四つの実践的「知」を身につけるための教育を行います。

専門知識・学識:
世界の都市・地域をめぐる諸問題について、技術的・社会的・文化的・歴史的分野に関する高度な専門知識。都市のイノベーションというテーマに対して多様なアプローチを実行できる学識。

思考力:
グローバル社会のなかで柔軟な発想を持ち、自らが主体的に考える思考力。空間、社会基盤、文化基盤などのハードウェアを実践的に設計・構築することのできる能力。

コミュニケーション能力:
諸都市諸地域の学問・文化・芸術・社会活動などソフト面を持続的・実践的に主導できるコミュニケーション能力。都市の現実から課題を抽出し、その創造的で有効な解を発見するために、協働して作業を実践できる力。

倫理観・責任感:
新興国・途上国の都市の問題解決のために実践的かつ創造的に行動できる使命感。多様な問題を包含した都市の現在に、創造的で持続可能な都市の発展を生み出し社会に貢献するマインド。

single_c2_1
single_c2_1


single_c2_1
single_c2_1


実践的教育のプログラム

single_c2_1
single_c2_2

本学府・研究院では、少人数制の実習・演習・研修を教育の柱に据え、事例研究やコースワーク(大学が用意した複数の科目の中から、自分の学習テーマに沿うものを選択履修して系統的に勉強を進めるやり方)を重視した教育プログラムを導入することで、実践性を備えた人材を養成します。これは、「理論的知識を基礎としつつ、実務にそれを応用する能力が 身に付く体系的な教育課程」を目指す中央教育審議会答申「新時代の大学院教育」にも対応しています。

入学者については、多様なバックグラウンドをもつ人を念頭に置いており、したがって研究指導にあっては学生一人一人の修得分野や関心に応じて、きめ細かな履修指導を行います。さらに、社会に出た後のキャリア形成につながるように、実践的なプログラムを多数用意。入学から修了までのステップが明確であることも重視しています。また、平成21年度から本学の全大学院共通でGPA(Grade Point Average)制度を導入しました。大学院教育の質的向上と国際的水準に見合った成績評価を目的として、GPA2.0を修了要件としています。

※GPA制度……欧米の大学では一般的な成績評価制度として知られ、日本でも採用する大学が増えている。GPA制度の評価方法は、科目の成績を5段階で評価したものに、秀=4.5、優=4、良=3、可=2、不可=0でグレード・ポイント(GP)を付与、更にその科目のGPに各授業科目単位数を乗じ、その総計を登録科目総単位数で割って算出する。その数字が基準を下回った場合、卒業不可となる。


スタジオ教育の魅力

single_c2_1
single_c2_2

都市イノベーション学府・研究院では、講義・演習などの「座学」のみならず、手を動かし対話しながら共同で制作や調査を行っていく「スタジオ教育」を積極的に取り入れています。建築の人にとっては馴染みがあるでしょうが、ここでは芸術・文化を中心に学ぶ人や、国際社会や土木工学を専門とする人などにとっても、スタジオ教育が身近な存在です。講義・演習科目は内容充実させつつ、実習・実践科目であるスタジオ科目の比重を大きくしました。たとえば、建築都市デザインコースでは24単位、横浜都市文化コースと国際基盤学コースでは8単位がスタジオ科目で必修です。各自の研究や実務経験に資する活動として、例えばシンポジウムやイベントを企画・運営・記録していく、あるいは雑誌・冊子を共同で制作していく等の活動も展開可能です。なお、建築都市デザインコースと横浜都市文化コースでは、修士論文ではなく、ポートフォリオ提出によって修士学位を取得する仕組みであり、スタジオ教育の成果を存分に活用してほしいと考えています。